RSS
フラダンス衣装アロハナ 感謝月間について
ハラウオリジナルのパウスカートはこちら フラダンス衣装現在の納期 アロハナ業務ブログ FAX注文

プリンセスローズ・スカート補足

ここでは商品ページでは分かり辛い(画像が小さい等)方の為に、プリンセスローズの「リバーシブルスカート部分」について補足説明します。

この衣装は特に「表側・裏側」という風には設定していません。お客様側でお好きな方を「表」としてご着用いただけます。但し、制作の都合上(特にゴム通し部等)は表裏になっていますので、合わせて説明いたします。

まずは、シンプルスタイル側を「A面」とします。

リバーシブルスカート A面

こちらです。こちらは、プリンセスローズの生地の「表側」を普通に使っています。ちなみにゴムの通し部(結び目)は内側にくるように縫製しておりますので、「あえて」言うならば、こちらが「表面」です。

リバーシブルですので、裏側にはオーガンジーがきます。

スカート詳細

こんな感じです。内側にオーガンジーがきますので、ちょっとした「裏地」または「パニエ」のような役割にもなります。プリンセスローズの生地自体もしっかりしていますが、これによって淡い色でもまず透けませんね。

ゴム部はこんな感じです。

ウエストゴム拡大

縫製自体は全部で4段あります。その2段目と4段目にゴムを通しています。連続でも良いのですが、リバーシブルという事で、サテンやミラージュよりも若干重みがありますので、同じ2本ゴムでもしっかりとウエストで留まるように考慮した結果、このようになりました。

シンプルスタイルを裏返すと、オーガンジーを施した「アレンジスタイル」になります。こちらを「B面」とします。

リバーシブルスカート B面

なんかこっちの方が色が薄い??いえいえ、すみません。これは光の影響です。

わかりやすく説明しますと・・・

スカートB面 腰回り拡大

オーガンジーの上(ゴム部〜腰回り)の生地はプリンセスローズの「表側」です。つまり、A面と同じ出方です。

ではオーガンジーの内側は・・・

裾周り拡大

こちらはプリンセスローズ生地の「裏側」になります。

生地の「裏感」が出過ぎるのは製品上あまり好ましくありません。オーガンジーをかける事で、それを払拭しています。

裾の「裏側」が若干見えています。ですが、実は「生地の裏側」も「これが表」と言われればそう見えるくらい「裏地感」はありませんのでご安心下さい。

なお、A面とB面で雰囲気を変える為に「あえて」生地よりも濃い目のオーガンジーを付けています。

アロハナの定番衣装「カーニバル」とは全く異なる作り方です。プリンセスローズのB面は、「長いオーガンジーフリル」のスカートというイメージを持っていただければと思います。

プリンセスローズ・セットアップフラドレスのページへ戻る

ページトップへ