RSS
アロハナのフラダンス衣装について
ハラウオリジナルのパウスカートはこちらフラダンス衣装現在の納期アロハナ業務ブログFAX

アロハナ流 フラダンス衣装

フラダンス衣装』・・・読んで字のごとくフラダンスの際に着用する服(衣装)の事です。

一般的には『この踊りにはこの衣装』というのが『有る』と言えば有るのですが、ここではあくまで『アロハナ流』で記載したいと思います。

最初にお断りしておきますが、アロハナでは一般的なフラの常識を考慮しつつ、比較的『自由な発想』で衣装を提案しておりますのでご理解いただけると嬉しく思います。

まず、フラダンスの歴史についてですが・・・これはもう、他のサイト様やウィキ等で細かく記載されていますので、あえてここで書く必要はないかと・・・・そう『詳しくはWEBで』的な・・・(笑)

簡易的に言うと、フラはハワイの伝統的な歌舞音曲。日本の『能楽』と同様な捉え方です。元々ポリネシア人が持ち込んだ音曲がハワイで発展したという認識が一般的です。ハワイでは宗教的な行為の一つでもあると言われてます。

フラの歴史を語る上では良く『ハワイの女神』の名前を聞きます。誰が何をしたか・・・それについてはウィキで(笑) 女神ラカ、ヒイアカ、ペレ・・・名前くらいは知っておきましょう♪

『ヒイアカが姉のペレ(火山の女神)の荒い気性をなだめるために踊ったのが始まり・・・』

アロハナではこの伝説が一番しっくりくるかな・・・と(^o^)

ここまでは一般的な部分を『かなり』簡易的に記載しました。

近年の日本のフラは色々な取組み方がありますよね?大きなコンペティションで優勝を目指して練習するチーム、気の合う仲間達と楽しく踊る事を目的としたチーム、健康の為にフラを取り入れるカルチャースクール等々・・・

フラを始めるきっかけや、それぞれの目的は異なっても、『フラはフラ』なんです。そして、フラは『無理やりやるもの』ではありません。それに、せっかくなら覚えた踊りを素敵な衣装でみんなに披露したいですよね?

そう『楽しくなければフラではない!』

それが、アロハナが望む『フラガール』の姿です。

アロハナ流のフラダンス衣装・・・

そんな想いからデザインの開発・縫製を行っています。

それでは、フラダンス衣装のそれぞれについて、下記説明ページを設けておりますのでご覧下さい♪

フラダンス衣装の種類

フラダンス衣装の選び方

フラダンス衣装の素材、お手入れ方法や保管等

ステージ衣装はいつまでに注文すればいいの?

フラダンス衣装の種類

フラダンス衣装の種類ですが一般的にはフラの種類や楽曲によって決められます。

その『一般的』というものには主に2種のフラ『カヒコ 古典フラ』と『アウアナ 現代フラ』に分かれます。

★カヒコ

パフやイプ等の打楽器をメインとし、それらを打ち流しながらメレを唱えながら踊るという神聖な踊りです。『神聖』の名が示す通り『神』への賛歌を起源としている、宗教的な要素を多く含んでます。

<カヒコの衣装>

カヒコの衣装のイメージはやはりティーリーフスカート、同様のレイクペエ(手足につけるレイ)ですね。神に捧げる踊りという意味合いでもお化粧に制約があったりするのも特徴です。

ただ、日本の近年ではいわゆる『カヒコ柄』のシンプルなパウスカート等でメレを唱えたりと、比較的変わってきている傾向もあります。

★アウアナ

日本の方が『フラ』というと、こちらが一般的ではないでしょうか?アウアナ『Auana』はハワイ語で『正道をそれる』という意味があります。そういう意味だと『王道では無い』と感じてしまいがちですが、ポジティブに考えれば『自由な』『創造する』という意味で捉えられると思います。

欧米の音楽を取り入れて創り出された『新しいフラ』ですが、ハワイアンミュージックに限らず、様々な楽曲でより『魅せる』フラに変わってきているのは素晴らしい事だと思います。

<アウアナの衣装>

カヒコとは正反対の『華やか』な衣装が特徴です。ハワイに限らず、トロピカルな花や植物のプリントを施した生地を使ったドレスやパウスカート、同様のレイやアクセサリー等、意味のごとく自由な衣装で踊るのが一般的です。

【アロハナ流フラダンス衣装の種類】

フラダンスで着用する衣装の『一般論』に関しては『知識』として覚えておいてほしいとは思います。

ですが、アロハナとしては形式に囚われ過ぎず、自由な発想で衣装選びをしていただきたいというのが『本音』です。

先にも説明した通り『カヒコ』は神聖な踊りです。それは正直『崩せない』物だと思います。ですのでアロハナでは基本的には『アウアナ』に特化した衣装を提案・販売しています。

【アロハナで販売している衣装】

・パウスカート

ブラウスやTシャツ等に合わせるフラ用のスカート。レッスン時に着用するのが主となりますが、現在では様々なアレンジを施した物も多く、ステージ衣装としても人気があります。

アロハナでは主にオリジナルプリントを入れられるパウスカートやレイやアクセサリーの自由度が高い無地のパウスカートを取り扱っています。ブラウスとのお得なセット等も人気です。

・パウブラウス

どなたでも1着は持っていると思われる定番の衣装。デザインも様々でカラーの選択肢も多く、かつリーズナブルに揃えられる事もあり、大変人気の衣装となります。

・セットアップフラドレス各種

上下で分かれているスタイルですが同一生地や同色を用いて一体感のある作りに仕上げたデザインのフラドレスです。ハワイアンファブリックを使ったシンプルなスタイルから、オーガンジーをアクセントにした拘りのあるデザインまで豊富なラインアップになります。対応可能なサイズ幅も広く、どなたでも同じように着こなす事ができる上『ステージ衣装』としてはリーズナブルな価格設定から、アロハナでも一番人気の衣装となっています。

・フラダンスドレス(オーダーメイド)

アウアナと聞いて一番に浮かぶ衣装が『フラダンスドレス』ではないでしょうか?カラフルなハワイアンプリントが施された生地を使ったロングドレスやシンプルな地模様、最高級のベルベット(ベロア)を使用した物まで多種多様な品揃えになっています。アロハナでは、よりデザイン性や縫製に拘った『国内縫製』のオーダーメイドと、コストパフォーマンスに長けた『ハワイ縫製』の両方を扱っています。お客様のニーズに合ったフラドレス選びができるのではないでしょうか?

アロハナが提唱する『楽しいフラライフ』。そんな衣装を提案しています♪

フラダンス衣装の選び方

こちらのページでは『アロハナ独自』のフラダンス衣装の選び方を記載します。最初のページでも説明しましたが『基本を押さえつつ自由な発想』での提案ですのでご理解いただけると嬉しく思います♪

なお『カヒコ』は除いています。アウアナでの衣装選びについて記載しますね!

【フラダンス衣装を選ぶ際の基準】

1、シチュエーション(どんな時の衣装か?)

・大きなステージ(年1回や勝負のステージ等)

・普通のステージ(比較的小規模又は地域のイベント等)

・身内のステージ(教室主催の記念イベント等)

・レッスン時

やっぱりそのシチュエーションによって衣装が違ってきたりすると思います。アロハナでは『普通のステージ用』の衣装がメインとなりますが、『勝負ステージ』の衣装も製作する事ができます。

地域のイベント等で頻繁に踊る機会のある方には、やはり1万円前後で作れて自由度が高い『セットアップ系』がおすすめです。同じ形でも生地や色を変える事で、その表情はガラリと変わります。3万円のフラドレス1着を作るのか、セットアップドレス3種を作るかの『価値観』だと思いますよ!アロハナの考え方としては後者なんですが・・ね(笑)

ちなみに、勝負ステージの場合『カスタムオーダー』のフラドレスがおすすめです。文字通りカスタムですのでセットアップ系に比べると高価になりますが『ここぞ』という時の衣装にはピッタリだと思います。

レッスン時はブラウスやパウスカートですよね?ブラウスはともかく、パウスカートの場合は他店様の方が種類が豊富だったりしますので、無理にアロハナで・・・とは言いません(笑)ただ、ブラウスは価格的にもアロハナはお得だと自信を持って言えますよ!

2、予算(これ、大事!)

ステージ用の衣装を揃える事になった場合『予算』という物がとても大きいと思います。(すみません、アロハナは『一庶民』なものですので・・・)

例えば『1万円』というのを指標にした時に『以下』なのか『12,000円まで可』なのか・・・。それとも『予算は気にしない』なのか・・・。

当然『安かろう悪かろう』では今のご時勢どんな物も必要無いと思います。アロハナが目指してる衣装は『え!?これでこの値段で作れるの?』という物です。人は上を目指せばキリがありません。たかが千円、されど千円。。

1万円の衣装を指標にした場合、アロハナでは多種多様な選択肢がありますので、ぜひご検討下さいね!

ちなみに、何度も言いますがアロハナは『安売り店』ではありません。当店とお客様が同等の価値観を共有できる事が喜びの一つと考えています。

3、色・柄等のデザイン性

これは『楽曲に合わせる』のが一般的だと思います。例えば『ブルーハワイ』を踊るなら青系の衣装とか・・・

ちょっと待ったぁ!!

本当にそれで良いのでしょうか?(いや、良いんですがね・・・)

曲と色の関係性、これって結構『メジャー』ですよね。何か『芸が無い』というか・・・『オリジナリティが無い』というか・・・

例えば青系の衣装、全体を青にしがちだと思います。ですが白系に『青』を差し色で入れるとか(模様が青や青のレイ等)でも素敵だと思うんですよね。アロハナの衣装で言えば、腰周りだけ青を入れるとか・・・

要は『自由』なんです!!(笑)

そういう意味でも『白の衣装』というのは『どの色にも染まる』とお考え下さい。万能な衣装なんですよね♪

ですので少し高価なドレスを作る場合『白の生地』であれば様々な舞台で使用できます。(せっかく作った高価なドレス、1年に1回とかじゃ、もったいないですよぉ・・・)

あ、ちなみに良くある質問。

『白の生地って透けますか?』

はい。白ですからね。

それも優先順位だと思います。『透けない』が最優先なのか『白』が最優先なのか。『透けない』が最優先の場合、白をはじめとした淡い色は除外です。『白』が最優先ならば『透けないように何か手を打つ』事です。

4、どんな仕上りになるか不安(生地から選択した場合)

これは主にオーダーメイドドレス、セットアップドレスの事です。アロハナで販売しているカーニバルドレスやミラージュコレクション等はすでに『完成写真』を掲載しています。ですがお客様が自由に生地を選んで製作するスタイルのドレスは『完成写真』がありません。

そこで、ハッキリと言える事。

何度もブログでは書いてますが『どの生地でも素敵な衣装に仕上る』です。元のスタイルは決まってます。それに選んでもらった生地で作るだけですので、基本的に『変な衣装』になるはずがありません!!

生地を選ぶ際、お客様も『自信を持って』『好きな色、模様』を選んでください!!

色んな生地で作った様々なドレスの画像は常時掲載していますので、そちらの記事もご覧下さいね!

良くある質問。

『〇月〇日のブログに載っていた生地のドレスはまだありますか?』

ほぼ無いと思ってください。ハワイの生地の回転は早いです。そういった意味でもこれから作ろうとしていらっしゃる『お客様』が『初めての生地』となる事がベストです!

<まとめ>

・勝負ステージ!・・・カスタムオーダードレス

・ベルベットのドレスが作りたい!・・・ベルベットオーダーメイドフラドレス(ハワイ縫製)恐らくアロハナのコスパは抜群!

・急にイベントが入っちゃった!・・・アロハナカーニバル、ミラージュコレクション、カイウラニライン、サテンセットアップ等々選び放題!

・なるべく1着を着こなしたい!・・・白で作りましょう!

・私達だけのオリジナルで作りたい!・・・ハラウロゴ入れられます!又は『初めての生地』でセットアップドレス!

『好き放題』書いちゃいましたが、衣装決めも『楽しんで』もらいたいというのが本音です♪

フラダンス衣装の素材・お手入れ、保管方法

アロハナでフラダンス衣装に使用している生地の素材は主に下記になります。

●ハワイアンファブリック:ポリコットン(ポリ65:コットン35)

稀にコットン100のハワイアンファブリックもございますが、現在フラダンス用としてはポリコットンのみの取り扱いになります。

同じポリコットンでも染色の量によって『硬さ』や『肌触り』が異なります。当店で在庫して保管している生地については『硬さ』等を説明できますが、ハワイからの取寄せ対応になる生地は『届いてみないと』わかりません。

ただ、白の柄が入った生地はその部分の染量が多い事が一般的ですので、プリント部分は硬めになります。

●無地(T/Cブロード)

素材はハワイアンファブリックと同じ『ポリコットン』です。無地のパウスカートやブラウス等はこの生地を使用します。カラーが濃くなるほど、染量が多くなる傾向がある為、硬めになります。ただ、ポリが多いので『硬く』はありません。あくまで淡色と比較すると、という意味です。

●サテン(ポリエステル)

光沢感が特徴でツルツルとした肌触りです。フラのステージでは照明の影響を受けますので、この光沢が華やかな演出を加えられる要素になります。

サテンのフラダンス衣装は近年の『無地の衣装』で台頭してきています。

●ミラージュ(ポリエステル)

光沢のある地に蜃気楼のようなランダムな柄が入った生地。模様部分は『非光沢』ですので、ギラギラした感じではなく、上品な大人の衣装に最適です。

現在はアロハナオリジナルの『ミラージュコレクション』にのみ使用しています。

●オーガンジー(ポリエステル)

ミラージュコレクションやアロハナカーニバルに使用している極薄の生地。単独では使用できないほど薄い生地になりますが、サテンの上やハワイアンファブリックの上に重ねる事で柄や色の雰囲気を一変させる効果があります。

●シルクシャンタン(ポリエステル)

近年、婦人服業界でも注目の生地です。アロハナでは2017年9月より取り扱いを開始しました。絶妙な光沢(サテンほどでは無い)と『つむぎの節模様』が特徴です。ワンランク上の『無地』としておすすめの生地です。

●ベルベット(ベロア)

オーダーメイドフラドレスで使用の生地。現在はハワイ縫製のみで取り扱っています。ハワイで取り扱っているベルベットは光沢や厚みを厳選した高級生地をニューヨークから仕入れております。この高級ベルベットをこの価格で作れるのはアロハナだけです。

【フラダンス衣装のお手入れ・保管方法】

●洗濯について

正直な事を言いますと各素材も『生地』の状態であれば洗濯可能な物がほとんどです。

但しすでに『衣装』として縫製をしておりますので、基本的に『洗濯機でまわす』事はご遠慮いただきたい・・・というのが本音ですね。

<ハワイアンファブリック>

これはネットに入れての洗濯機は大丈夫だと思います。ただ、色落ちする場合がありますのでご注意下さい。できれば『単独』で洗う事を推奨します。

パウスカートやブラウス等は『ゴムを抜いて』から洗濯し、裏側からアイロンでシワを伸ばし、その後にゴムを入れなおす、という順序が望ましいです。

流石に『泥汚れ』みたいな物は無いと思います。汗等が気になる場合は『ファブリーズ』系の除菌・消臭スプレーを使用して、陰干しで湿気を取る、というやり方が一番良いと思います。

<サテン・シャンタン>

素材そのものは洗濯できます。これはアロハナで実証済みです。ただしアロハナのサテン衣装は『シャーリングブラウス』がメインとなります。シャーリングゴムは雑に取り扱うと切れる(ゴムではなく縫製部分)恐れもある為、部分的な手洗いを推奨しております。

アイロンは『裏側』のみでお願いします。

<ミラージュ>

こちらは部分的な水洗いのみでお願いします。出きれば消臭・除菌スプレーのみが望ましいです。アイロンは『不可』です。ご注意下さい。高級な生地ゆえに『繊細』ですので丁寧な取り扱いをお願いいたします。

<オーガンジー>

洗濯不可です。アイロンも不可です。着用後は陰干しで湿気を取り除き、ハンガー等にかけて保管お願いします。

<ベルベット>

ドライクリーニングでお願いします。ご自身での洗濯は控えた方が無難です。ハンガーに長時間かけておきますと、型崩れします。基本的にはたたんで保管して下さい。

●保管について

通常の洋服の保管方法と大差はございません。ただ『衣装』ですので『防虫・防臭』『湿気』には充分気を遣っていただけると、長い間良い状態で活躍できると思います。

ドレス(ベルベット除く)やスカートはハンガーにかけて保管、ブラウス等は引き出しや衣装ケース内で保管して下さい。

なお、頻繁に使用する場合は引き出しやケース内には『入れない』方が望ましいです。

★フラダンスの衣装は元々『神々に捧げる踊りに着用する』という考えから『洗濯禁止』と言われる場合もあります。

★このページに掲載しておりますお手入れにつきましては素材を考慮してアロハナ独自の判断で記載しています。お客様それぞれの保管環境の違い等もございますので、個人様のご責任の元、ご判断下さいますようお願いいたします。

★洗濯やアイロン等による衣装の損傷につきましては、当店では一切の責任を負う事はできません。大変申し訳ありませんがご理解・ご了承お願いいたします。

注文からお届けまでの日数

イベント(ステージ)日が決まっている場合の衣装の注文時期ですが、これは教室によって本当に様々です。

先生が決めて注文される場合や、生徒様の代表が皆様と相談の上決められる場合等々・・・。

では、アロハナの場合どのタイミングで注文するのが良いのか?(間に合うのか?)・・・。

アロハナでは頻繁に『現在の納期』を更新しております。更新頻度は大体1週間に1度なんですが、実は『日々』変動しています。1週間の変動を予測して『更新』しているという感じです。

それで、肝心な事はと言いますと・・・

★オーダーメイドフラドレス(国内縫製)・・・こちらは最大4ヶ月待ちもあります。1組にかかる製作日数が多い為『急ぎでお願いしま〜す』は通用しません。『かなり(最低2ヶ月)』余裕をもってご注文下さい。

★それ以外(セットアップ系)・・・2ヶ月見ていただければ『まず確実』です。ぜひ2ヶ月の余裕を見てご注文下さい。『かなり助かります』←本音(笑)

そうは言っても『急遽イベント入っちゃった』って場合。事前にご相談下さい。『いつまでに決定できれば間に合うか』のご相談にはいつでものりますので♪

【衣装決めでお客様が困っちゃう事】

これは生徒さんの代表者様が取りまとめている場合に多い事なのですが・・・

『意見がまとまらない』←決まらない・・・

レッスンは週1回だったりが大抵だと思います。そこで決まらなければ翌週になり、決定がどんどん遅れてしまいます。

趣味嗜好は人それぞれです。『誰が悪い』なんて事もありません。皆の意見が『すぐに一致する』方が珍しいのです。

そんな時は先生に頼りましょう。皆様で出た意見を代表者様が『これとこれ、どれが良いでしょうか?』と先生に最終決定を委ねて下さい。そして『先生から』報告して(決めた事を)もらって下さい。

取りまとめの労力は大変です。色々抱え込んで悩むよりも、本番で『楽しく踊る』事に労力をかけてください!!

『私はどのサイズ?』

結論:ご注文後に『ゆっくり』決めて下さってOK!

お客様の中にはサイズを全て取りまとめてからご注文される方もいらっしゃいます。アロハナとしてはとても助かるのですが、サイズ等は『後から』でかまいません。

『何時までに』『どの衣装を』『どのカラー(生地)で』『何枚』がお決まりになりましたら、まずご注文下さい。先にスケジュールを押さえさせていただきますので。

★基本的には『納期がお約束できない』理由でお断りをする事が無いように、皆様の衣装を受注する気持ちで運営しております。もちろん、お約束した納期は必ず守っておりますので、『ちょっと急ぎだから不安』な場合は先にお問合せ下さいますと助かります。

ページトップへ