RSS
アロハナのフラダンス衣装について
ハラウオリジナルのパウスカートはこちらフラダンス衣装現在の納期アロハナ業務ブログFAX

フラダンス衣装の素材・お手入れ、保管方法

アロハナでフラダンス衣装に使用している生地の素材は主に下記になります。

●ハワイアンファブリック:ポリコットン(ポリ65:コットン35)

稀にコットン100のハワイアンファブリックもございますが、現在フラダンス用としてはポリコットンのみの取り扱いになります。

同じポリコットンでも染色の量によって『硬さ』や『肌触り』が異なります。当店で在庫して保管している生地については『硬さ』等を説明できますが、ハワイからの取寄せ対応になる生地は『届いてみないと』わかりません。

ただ、白の柄が入った生地はその部分の染量が多い事が一般的ですので、プリント部分は硬めになります。

●無地(T/Cブロード)

素材はハワイアンファブリックと同じ『ポリコットン』です。無地のパウスカートやブラウス等はこの生地を使用します。カラーが濃くなるほど、染量が多くなる傾向がある為、硬めになります。ただ、ポリが多いので『硬く』はありません。あくまで淡色と比較すると、という意味です。

●サテン(ポリエステル)

光沢感が特徴でツルツルとした肌触りです。フラのステージでは照明の影響を受けますので、この光沢が華やかな演出を加えられる要素になります。

サテンのフラダンス衣装は近年の『無地の衣装』で台頭してきています。

●ミラージュ(ポリエステル)

光沢のある地に蜃気楼のようなランダムな柄が入った生地。模様部分は『非光沢』ですので、ギラギラした感じではなく、上品な大人の衣装に最適です。

現在はアロハナオリジナルの『ミラージュコレクション』にのみ使用しています。

●オーガンジー(ポリエステル)

ミラージュコレクションやアロハナカーニバルに使用している極薄の生地。単独では使用できないほど薄い生地になりますが、サテンの上やハワイアンファブリックの上に重ねる事で柄や色の雰囲気を一変させる効果があります。

●シルクシャンタン(ポリエステル)

近年、婦人服業界でも注目の生地です。アロハナでは2017年9月より取り扱いを開始しました。絶妙な光沢(サテンほどでは無い)と『つむぎの節模様』が特徴です。ワンランク上の『無地』としておすすめの生地です。

●ベルベット(ベロア)

オーダーメイドフラドレスで使用の生地。現在はハワイ縫製のみで取り扱っています。ハワイで取り扱っているベルベットは光沢や厚みを厳選した高級生地をニューヨークから仕入れております。この高級ベルベットをこの価格で作れるのはアロハナだけです。

【フラダンス衣装のお手入れ・保管方法】

●洗濯について

正直な事を言いますと各素材も『生地』の状態であれば洗濯可能な物がほとんどです。

但しすでに『衣装』として縫製をしておりますので、基本的に『洗濯機でまわす』事はご遠慮いただきたい・・・というのが本音ですね。

<ハワイアンファブリック>

これはネットに入れての洗濯機は大丈夫だと思います。ただ、色落ちする場合がありますのでご注意下さい。できれば『単独』で洗う事を推奨します。

パウスカートやブラウス等は『ゴムを抜いて』から洗濯し、裏側からアイロンでシワを伸ばし、その後にゴムを入れなおす、という順序が望ましいです。

流石に『泥汚れ』みたいな物は無いと思います。汗等が気になる場合は『ファブリーズ』系の除菌・消臭スプレーを使用して、陰干しで湿気を取る、というやり方が一番良いと思います。

<サテン・シャンタン>

素材そのものは洗濯できます。これはアロハナで実証済みです。ただしアロハナのサテン衣装は『シャーリングブラウス』がメインとなります。シャーリングゴムは雑に取り扱うと切れる(ゴムではなく縫製部分)恐れもある為、部分的な手洗いを推奨しております。

アイロンは『裏側』のみでお願いします。

<ミラージュ>

こちらは部分的な水洗いのみでお願いします。出きれば消臭・除菌スプレーのみが望ましいです。アイロンは『不可』です。ご注意下さい。高級な生地ゆえに『繊細』ですので丁寧な取り扱いをお願いいたします。

<オーガンジー>

洗濯不可です。アイロンも不可です。着用後は陰干しで湿気を取り除き、ハンガー等にかけて保管お願いします。

<ベルベット>

ドライクリーニングでお願いします。ご自身での洗濯は控えた方が無難です。ハンガーに長時間かけておきますと、型崩れします。基本的にはたたんで保管して下さい。

●保管について

通常の洋服の保管方法と大差はございません。ただ『衣装』ですので『防虫・防臭』『湿気』には充分気を遣っていただけると、長い間良い状態で活躍できると思います。

ドレス(ベルベット除く)やスカートはハンガーにかけて保管、ブラウス等は引き出しや衣装ケース内で保管して下さい。

なお、頻繁に使用する場合は引き出しやケース内には『入れない』方が望ましいです。

★フラダンスの衣装は元々『神々に捧げる踊りに着用する』という考えから『洗濯禁止』と言われる場合もあります。

★このページに掲載しておりますお手入れにつきましては素材を考慮してアロハナ独自の判断で記載しています。お客様それぞれの保管環境の違い等もございますので、個人様のご責任の元、ご判断下さいますようお願いいたします。

★洗濯やアイロン等による衣装の損傷につきましては、当店では一切の責任を負う事はできません。大変申し訳ありませんがご理解・ご了承お願いいたします。

ページトップへ